女性型脱毛症FAGA

女性型脱毛症FAGA

女性型脱毛症FAGAと言うと男性型脱毛症AGAではないの?と思われる方もたくさん居ると思いますが、FAGAは男性型脱毛症AGAの女性版です。AGAとは【Androgenetic Alopecia】の略でFAGAは【Fermale Androgenetic Alopecia】の略です。

 

AGA仕組み

AGAは男性ホルモンであるTH(テストステロン)が毛根内部の毛乳頭に入り込んで、5αリダクターゼ(還元酵素)の作用によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。このDHTが毛乳頭細胞にある受容体に結合する事により髪の毛の成長を抑制し、抜け毛が増えて薄毛になるのです。ジヒドロテストステロンは皮脂腺の受容体とも結合し、皮脂を過剰分泌させて毛穴を塞いで髪の毛の成長を妨げてしまいます。これらの作用により髪の毛は十分に成長する事なく抜け落ちてしまい、毛周期が乱れて薄毛へと変化していくのです。簡単に言いますとまずDHTは皮脂を過剰に分泌させて毛穴を塞ぎ髪の毛の成長を妨げ、さらに毛乳頭受容体と結合しヘアサイクルを乱して髪の毛を抜け落ちさせているという事です。男性ホルモンがなぜ毛乳頭に入り込むかは、男性ホルモンを受け入れる受容体を持っているかにいないかよります。この受容体の有無は遺伝が関係しているとも言われています。

 

女性なのにAGAになるの?男性と女性の違いは?

AGAは男性型脱毛症なのになぜ女性も発症するのかわかりませんよね?女性であっても実は体内に男性ホルモンは存在しているのです。もちろん男性にも女性ホルモンが存在しています。だから、女性であっても男性ホルモンが存在している以上はAGAを発症する可能性が大いにあるという事なのです。女性のFAGAも男性のAGAと同じで、男性ホルモンTHが体内でDHTに合成されて髪の毛に悪影響を与えているのです。しかし原因は同じでも症状が若干異なります。

 

男性のAGAの症状は頭頂部が極端に薄くなるケースと、額部分が極端に後退するケース、それから両方同時に起こるケースがあります。女性のFAGAの症状は、男性とは違い全体的に髪の毛の量が減って急激にボリュームダウンしてしまいます。ですから、女性の方が気づきにくい場合が多く、気づいたときには手遅れと言う場合も稀にあります。ですから、髪の毛の量や、質(コシやハリ)に異変を感じたら、すぐにクリニックに相談する事をおすすめします。

 

髪の毛の成長には女性ホルモンであるエストロゲンがとても重要です。このエストロゲンの分泌量が低下しなければDHTの発生は抑制されるので特に問題ないのですが、問題は加齢や生活習慣の乱れで、ホルモンバランスが崩れてしまった時です。ホルモンバランスが崩れてしまうと、女性ホルモンエストロゲンの分泌量が低下してしまいます。すると、男性ホルモンが優位に立ちDHTが異常発生してしまうのです。すると、抜け毛が促進され、毛周期が乱れて薄毛になてしまうのです。ホルモンバランスの乱れは加齢や、生活習慣病、ストレス、睡眠不足、過度なダイエット等でも起こってしまいますので、十分注意するようにしてください。